FXでひやっとした出来事

FXの取引をしてきた中で忘れられない事があります。
少しぐらい円高に動いても大丈夫だろうと思っていたのですが、その日はものすごい勢いで円高になっていきました。
チャートを見ていたのですが、円高の勢いが止まらなくて、何個かポジションを損きりしました。
もう勢いは止まるだろうと思ってましたが、やはり止まらず結局ロスカットになってしまいました。

 

FXを始めて1年ぐらいたってからの事でしたが、その時は多少FXに慣れてきていて、ポジションの取り方も甘くなっていました。
それまでも、危うい時は何度かありましたが、ギリギリの所でロスカットされなかったので、今度も大丈夫だろうと思っていたのがいけなかったと思います。

 

今から考えると、突然円高や円安に走った時にロスカットされてしまうようなポジションをとったという事自体に問題があったと思います。
また、ロスカットされる可能性があるにもかかわらず、損きりの指値を早い段階で入れておかなかった事もいけなかったと思います。

 

それ以来、ポジションをとったら損きりの指値を入れる事が習慣になりました。
損きりされてしまったら、ポジションのとり方が悪かったのだと思うようにしています。

 

流れが変わったとわかっているのに、いつまでもポジションを持っているという事もなくなったのでよかったと思います。

急激な円高ー初心者でも簡単、FXを始めてみよう!関連ページ

トレード休止期間は必要